ユーモア 安全 標語。 安全標語について|株式会社サンセイ(東京・大阪・札幌)

平成25年度 安全標語入賞作品

安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア

「全国安全週間歴代スローガン」=7・5・7・5 「危険物安全週間推進標語」=5・7・5 「国家公務員安全週間標語」=5・7・5 音節の数え方 俳句作成や川柳作成とも関係しますが標語の5・7・5や7・5・7・5の音節は「字数」ではなく「音数」です。

8
5・7・5のフレーズだけでは書き尽くしたのでしょうか。 ダジャレのような作品ですが、そのわずかな距離を気をつけずに突っ込んでしまったばっかりに命取りになる事があるよ、というメッセージ性を強く感じる事が出来ます。

安全標語|(一財)中小建設業特別教育協会

安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア

業界ごとの安全標語 安全週間の種類 安全週間は、厚生労働省と中央労働災害防止協会が主唱している全国安全週間が有名ですが、その他にも様々な協会が主催しているものがあります。 たとえ低速で走っていても、運転中の視界が狭いことは常識です。

14
甲賀の忍者にかけ、町おこしの意味合いもありつつ、急な飛び出しに気をつけようというダブルミーニングの意味がある深い作品です。

【安全を知る④】朝礼に必須?秀逸な安全標語7選!

安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア

あぶない自転車の 二人乗り 佳作 右側を よい子は行きます 帰えります 佳作 自転車は 上手に乗るより 正しく乗ろう 佳作 通るまい、お使いする時、帰る時、横断歩道のないところ 佳作 ちかよるな 車はうごく バックする 佳作 手をあげて ボクもわたしも 正しい横断 佳作 おちついて わたる良い子に じこはない 佳作 あぶないよ! 現場でよく見かける安全標語。

1
安全標語 自動作成 安全標語を自動で作成できるサイト「 」もありますので、参考にしてください。

過去の「労働安全標語」 「労働衛生標語」

安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア

『 見る目、気づく目、危険な芽』 上記のように、標語内の言葉をかけてみると、記憶に残りやすくなり、注目度が高まります。 もはや、作った人がこの定食を自分の店で売っているとしか考えられない、ちゃっかりプロモーションをしてしまっているおもしろパターンです。

12
平成25年度 安全標語入賞作品 日本伸銅協会 安全委員会 平成25年度の安全標語の入選作品が決定致しました。

【安全を知る④】朝礼に必須?秀逸な安全標語7選!

安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア

運転者向け 内閣総理大臣賞 のせましょう ゆとりという名の 同乗者 総務庁長官賞 乗せるたび 子にもおしえる 安全運転 警察庁長官賞 軽い気持ちの駐停車 思わぬ迷惑 事故のもと 佳作 幼な子の 視界さえぎる 迷惑駐車 佳作 あせる君 はやるあなたに 迫る事故 佳作 速度より マナーで競え かっこ良さ 佳作 スピード落とそう もう少し 夜なか 町なか 雨のなか 佳作 スピードで こわすな青春 未来の夢を 佳作 彼女は言った。

19
佳作 遠くても ママ渡ろうね 歩道橋 佳作 登下校 なれた道でも よく注意 佳作 ふざけない! ボクがベルト しめるまで 佳作 好きだから すてきなマナーで 乗るバイク 佳作 思いやり いつか私も 高齢者 佳作 素敵です 老いの足見て 待つ車 歩行者向け 内閣総理大臣賞 反射材 光るあなたの 心がけ 総務庁長官賞 チョー危険! この世に似たような標語は溢れ切っていますから、流行語を活用する事は、あなた独自の安全標語を作成するヒントになります。 勝手な駐輪 大迷惑 佳作 交通ルール 教えた親を 子が見てる 佳作 暗い道 ライトは小さなガードマン こども部門 内閣総理大臣賞 うんてんしゅさん ちいさなぼくが みえますか? 愛娘 仕送り切らすな 親来るな! 優秀賞• ぼくもきゅうには とまれない 総務庁長官賞 かけちゃだめ 車の前後 まがりかど 警察庁長官賞 おい出そう すぐに飛び出す あせり虫 文部大臣奨励賞 やめようね よこいちれつの ランドセル 佳作 急ぎません 時間にゆとりの 通学路 佳作 ともだちいっぱいたのしいけれど ちゅういちゅういのかえりみち 佳作 夜の道 忍者になっている 無灯火自転車 佳作 とび出して ひやっとあせかく 曲がり角 佳作 いそいでも かわりばんこの あかしんごう 佳作 おっとっと あわてる心は 事故のもと 佳作 あせらずゆっくり 無事故で『ハイッ、ただいま! 安全一般 今日も又 安全父さん 家族幸せ 報連相 欠かすと危険 忍び寄る 安全で 今日も 頑張る お父さん 「作業環境管理・作業管理・健康管理」 三管理 健康守る 第一歩 あなたから 未来を奪う 不安全 日頃から 避難経路を 確かめよう 安全は、心の余裕と準備から 安全と 健康こそが 宝です 快適な 職場作りは 笑顔から 安全を 招く 声掛け心掛け 安全が 家族の笑顔を 支えています あいさつは 安全現場の 第一歩 職場の和 広がるつながる 笑顔の輪 安全は 金でも買えず 代えられず 安全が 未来へつながる 第一歩 怪我しない させない事も プロの技 守りたい 世界に誇れる 職場の安全 安全作業 職場の誓い 家族の願い 安全必須 比べるものは ありません 事故のない 職場が幸せ つくります 災害を防止するのはあなたです 笑顔であいさつ 心のゆとりは 安全作業の第一歩 毎日が 安全作業の コンクール — 信用は 日々安全の 積み重ね — 声掛け安全 人と動作と自分自身に — 「安全」に 優先順位は ありません — 人を活かす 基本は安全 職場から — 今の時代 安全意識も 評価項目 — 健康は 安全現場の 第一歩 — 災害は いつもあなたを 狙ってる — 安全第一 心の余裕を忘れずに — 朝一は 体をほぐし 事故防止 — 声を出し確認しよう職場の安全 — 声かけは みんなを守る 命の言葉 — おかしいな 放っておかず 止める勇気 — がんばるぞ 今日も 元気に 安全に — ちょっと待て 安全対策 万全か — 安全を 守る秘訣は チームワーク — 安全と健康 あって初めて 利益あり — 危険は今! 安全は過去 — 安全は 品質・効率 チェックから — 欠かさない 挨拶 点検 安全策 — 意識持ち 守る安全 作る安全 — 品質第一 効率第二 安全は当然 — 笑顔から 始まる皆の 明るい職場 — つなげよう 安全意識とみんなの心 — 良い仕事 日々安全も 積み重ね — 手洗いは 身近に出来る 自己防衛 — 健康を 保持することも プロの技 — 今日も又 安全祈る 家族あり — 安全は 日頃の 整理整頓から — 痛い目は 安全第一 心に刻む トホホ・・・ — 汚いな そんな気持ちが 大切です — 誰にでも 話せる職場に ストレスなし — 洗ったか その手その器具 菌落とせ — これくらい大丈夫だよ!・・・ アイツもそう言ってたっけ・・・ — 教えよう ヒヤリ共有 安全職場 — 今日の安全 新たな朝の 心掛け — 現場では 「ご安全に」が 合言葉 — 「危ない」と、言えないあなた、「危ないよ」 — 全員が 安全管理 「委員長」 — 安全が 会社と家族の 合言葉 — チームワーク 笑顔声掛け 合図から — 作業場と 心もスッキリ 整理整頓 — 小さなヒヤリ 積もり積もれば 大災害 — 無事故の基本は整理・整頓! — 心も体も健康に まずはここから第一歩 — 手を洗い バイ菌バイバイ さようなら — 安全は、心技一致で成せる事 — 職場の安全 心の健康 昔も今もこれからも — 事故多し 工事現場の 往き帰り 安全運転 今日も頼むぞ! — 気を付けよう 人の災害 我が災害 — 安全確保 一人ひとりが 分担し — 始業前 安全意識を 植え付ける — 一人ひとりの 意識が変える 職場の環境 — 疲れたら ひとやすみして リフレッシュ — 現場では 自分に厳しく 他人に厳しく — 守ろうルール 一人の意識で 高まる安全 — あしたもね 笑顔で会おう ご安全に! — 労災で 保険料は上がり 給料は下がる — 災害を防ぐ方法もう無いか — 健全な 心と体も 資産です — 家族の願い 労働安全 — 先輩が 手本示して 安全作業 — 教育は 実践されて こそ生きる — 確認・点検 三年で 一人前になる 指差呼称 もう一度 初心に戻り 再確認 「当たり前」を 見直し防ぐ 事故・災害 全員で 確かめあって ゼロ災害 災害を 防ぐあなたの その確認 左右よし! 前後ろよし! 笑顔よし! もう一回 確かめるのが プロの腕 大丈夫? 無理はしないで チェックして 気づいたら 報・連・相で快適職場 効率より 確認したい まず安全 慣れてこそ 安全チェック 怠るな 点検で 守ろう安全 大事な命 — 確認は 安全・安心 守るカギ — 事前確認、事後確認、徹底している良い職場 — 作業前の必要事項 安全確認 指差し呼称 — 全員が指差し確認ゼロ災害 — 焦らずに、急がず渡ろう、足元注意が基本です! — 作業前 体調確認 怠らず — 過信せず、最後は自分の目でチェック — 動く前 指差し確認 習慣に — もう一度 確認すれば より安全 — 身につけよう 事前確認 自己管理 — 声掛け合い小さな危険も見逃さない — 上下左右、全ての基本は、安全確認 — 指さしと 声で 安全確認を — 侮るな小さな異変が大きな危機に — 「確認作業」 怠るべからず! — 「だいじょうぶ」 甘い確認 苦い失敗 — 毎日の 安全確認 無災害 — 広げよう 指差し 声出し 安全確認 — 怠るな 安全確認 最後まで — 指を差し よく見よく聞く 良い点検 — 油断せず 安全確認 積み重ね — 「気をつけよう」 当たり前でも 声に出す — やる前の たぶん・だろうが 落とし穴 — 右ヨシ!左ヨシ!上下ヨシ! 指差し呼称で気分ヨシ! — 丁寧に ひとつ一つを 確認し — 慣れた事 確認しよう 指差呼称 — 大丈夫か? あなたの配慮が 防ぐ事故 — 安全は この手その目で 確実に — チェック箇所 指差し呼称で しっかりと — 声掛けで 未然に防ごう 事故災害 — 気づいたら 声かけ確認 災害ゼロへ — 大丈夫? 優しい声かけ 健全な職場 — 気づいたら 声を掛けよう その危険 — ま、いいか・・・ ホントにいいか 要注意 — これでよいか 声かけしよう 自分と仲間 — 危ないよ! 皆に伝えて 事故防止 — 作業前 安全確認 今日もヨシ! — 安全は 目視、指差し、声出して — わが社では 安全確認も 仕事です — 一に確認二に確認 手順・規則は確実に みんなで目指そうゼロ災害 — まず私次にあなたがもう一度 ダブルチェックは安全の基本 — 指差しで 安全確認 声で「ヨシ!」 — 注意あり 確認ありで 災害なし — 感電 一本の アースが防ぐ 感電死 見落とした コードの切れ目が 事故の元 電気には 過信が招く 危険あり — 声を出し 停電作業 要確認 — 防具付け 手順尽くして 事故防止 — 感電は 慣れた作業が 命取り — 感電は 転落の10倍強 死亡率 — 作業前 露出部分を 要チェック — 感電は 命に係わる 重大事 — 大半は 慣れた作業で やる感電 — 検電は 万に一回 防ぐため — 作業前 検電確認 アースよし! — 電気機器 アース接続 確実に — 作業時は 感電リスクも 油断なく — 目視では 死活わからぬ 充電部 — 近寄るな 素手で触るな 充電部 — 感電一瞬 ケガ一生 — 知るヤるで きっと防げる 感電事故 — 「低圧」と いう言葉には 騙されず — 絶縁物 日々劣化する 忘れまじ — 打合せ しっかり聞いて 無災害 — 活線に 保護具・防具で 憂いなし — 作業前 通電停電 確認し — 多すぎる 防げた感電 保護具せず — 濡れた手で 持つな触るな 電気器具 — しっかり絶縁 しない君とは 絶縁だ! — 作業時の 手順怠り ビリビリビリ — 漏電の 今日もチェックだ 絶縁ヨシ! — 三芯で 現場安心 アースよし! — 守るべし! 感電防止に 手順あり — 保護・防具 半年点検 忘れるな — 作業前 検電チェック 身を守る — ビリビリでも 感電はダメ 恋だけに — 検電の ひと手間惜しむ 人アウト! — 電源を OFFして断ち切る 油断心 — 検電を ベテラン省き プロはヤる — 電気作業 死線活線 まず確認 — 点検時 電源OFFヨシ! 制御盤 — 感電を しても慌てず 電路OFF — わぁー電気 見えてなくても 流れてた — 気が緩み 感電一発! 即アウト! — 濡れた手で 触れちゃいけない モノもある — 今はまだ 電線さわるな まず停電 — 配線は まず電源を 切ってから — 確認の意識高めて感電ゼロ — 危ないぞ 見えない電気 ご用心 — 使用前 漏電確認 電動工具 — 破損した コード使用は 命懸け — 緑の線 命を守る アース接続 — 感電を しないさせない チームの輪 — 重機 158条第2項 誘導に従う 義務がある — 油断するな! 重機と凶器 紙一重 — 近寄るな 重機は突然 動き出す — 「面倒くさ~」 思う心が 事故招く — あらかじめ 決めて知らせる 合図ヨシ! — いつまでも 重機恐れる 人であれ — 動いたら 声は届かぬ 重機には — 動くたび 周囲確認 怠るな — 可動域 人は居ないか? モノ無いか? — 危険ゾーン 重機周りは 全方位 — キャタピラで 轢かれちゃかなわん 離れとこ — クレーン作業 アウトリガー 張り出しヨシ! — 経験が 招く事故あり その油断 — 事故多発 重機作業と その周囲 — 重機から 離れることで 身を守る — 重機作業 合図・誘導 打合せ — 誘導者の 合図が防ぐ 重機事故 — 重機周辺 作業禁止 — 操作ミス レバー2センチ 命取り — 立ち入るな 人は重機に 勝てません — 注意せよ 死角に必ず 危険あり — ちょっと待て 動かす前に 見よ周囲! — できる奴 だけど危険な 奴不要 — 毎朝の 始業点検 事故防止 — 前後ヨシ! 左右もヨシで さあ移動 — 右左 重機周囲の チェックヨシ! — ヤバいのは 重機と人に ある死角 — 重機作業 指差呼称 確実に — 重機周り 目視指差し 事故防止 — 身を守れ 重機はあなたが 見えてない — 右左 車体回しは ゆっくりと — 気をつけて重機の後ろに誰かいる — ヘルメット かぶって今日も アームヨシ! — ゼロ災 ゼロ災害 安全確認 手抜き無し 忘れないいつも心にゼロ災害 健康で ゼロ災害で 幸せで 自分のため 家族のために ゼロ災害 ゼロ災害 日頃の点検 確実に そのヒヤリ 活かして毎日 無災害 ノー災害 日々のチェックと心がけ 会社にも 家族のためにも 無災害 ゼロ災害 ひとりひとりの 心がけ 災害ゼロ 目指す気持ちの 積み重ね 一人ずつ 意識を高め 無災害 意識して 目指そう 無事故・無災害 ゼロ災職場 一人ひとりの 意識から — 築こう 次世代に 誇れるゼロ災職場 — ウチで待つ 家族のために ゼロ災害 — 結局は 自分次第の 事故無事故 — 無理をせず 適度な休息 無災害 — 報・連・相常に意識しゼロ災害 — ちょっと待って みんなで声かけ ゼロ災害 — ゼロという 数字を誇る 無災害 — ゼロ災は明るい職場の第一歩 — ゼロ災で しっかり仕事 無事帰ろう — 転倒ゼロ 転落ゼロで 我が家まで — 心に刻もう安全第一 目指そう明日も無災害 — コツコツと 積み重ねよう ゼロ災害 — 何よりの 仕事の成果 今日もゼロ災 — 無災害 決意無くして 結果なし — 今はもう 24時間 戦いません しっかり休んで 明日もゼロ災 — 仲間との安全宣言ゼロ災害 — 快適な 心で今日も 無災害 — ゼロ災の 記録伸ばすぞ 今日も又 — 無災害 今日も笑顔で 「お疲れ様」 — 声かけで 目指そう 無事故・無災害 — 慣れは怖い 引き締めてこう 0災害 — 一つずつ 危険を減らし ゼロ災害 — ゼロ災害 皆んなの安全 皆んなの笑顔 — 無災害 皆で広げよう 安全の輪 — よく見よう 5秒の確認 ゼロ災害 — 見逃さない 気づきが生み出す ゼロ災害 — ゼロ災職場に 小さな気づき — 助け合いみんなで作る無災害 — 未来へと 続く笑顔の ゼロ災職場 — 全員が 一丸となって守ります 災害ゼロで笑顔の職場 — 手順 安全を 保つ一手間 惜しまずに 慣れて来た 時こそ戻ろう 基本作業 — ベテランが 身体で示す 良い習慣 — 基本守り 職場の安全 あなたから — ひと手間を 惜しむ心に 事故が待つ — 今日一日 絶対ルール 守ります — 無災害 慣れた事こそ 手抜きせず — 安全は 正しい手順の積み重ね 基本を守ってゼロ災職場 — やり方を 正しく守り 身を守る — その作業 安全作業と いえますか — 防げます 人災九割 手順から — 君のその 雑な仕事が 事故招く — 災害は手順の逸脱から 慣れた人ほど手順の遵守 — 転倒・転落 ちょっとまて!大丈夫ですか?その足場 危険箇所 見たら仲間に ホウレンソウ 靴底の 状態チェックで 転倒予防 気の緩み 足元人生 真逆さま — コケるのは 喜劇の芸人 だけでいい — 手すりの点検、足場の確認、今日も笑顔で楽しい職場 — 心に 油断なければ 転落なし — 命綱、転落防止、事故防止、 — 足元の、整理整頓、日頃から、 — 水濡れ注意 指差し確認 忘れずに — 段差に注意、開口部注意、安全通路の確保。

過去の「労働安全標語」 「労働衛生標語」

安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア

皆様が安全標語を作成する場合も、ぜひ 「慣れと油断は大敵!」の精神を作品に含ませましょう! (5)自主的に活動しよう! 「あなたの点検」「あなたの注意」「ひとりひとりが」「自分から」「ひとに任せず」など、安全標語の優秀作品には、 「自主的に活動しよう!」というテーマが数多く表現されています。 いのち 落ちたいのちはひろえない 佳作 イエローは 「渡る」じゃないよ 「止まれ」だよ 昭和61年〜平成7年 運転者向け 内閣総理大臣賞 ねえ、かあさん ここはとめても いいところ? 改めて安全を意識しよう 安全標語は、短いながらも言葉の中には安全に対する強い思いが込められています。

18
運転者向け 内閣総理大臣賞 ブレーキは早目に スピードは控え目に 入選 手をあげる 子どもはあなたを 信じてる 入選 のんだら のるな のるなら のむな 入選 私はいつも 安全運転です 佳作 一度だけ 一杯だけが 事故のもと 佳作 一命を 託す車だ よく整備 佳作 追い越しは よく確かめて 合図して 佳作 今日もまた 無事故に輝く ヘルメット 佳作 どんなもんじゃい そんな自慢が 事故のもと 歩行者向け 内閣総理大臣賞 もう一度 よく見て渡れ 手を上げて 入選 歩くまい 車のすぐ前 すぐうしろ 入選 危険です 路上の遊び 立ち話 入選 かたまって ペダル踏むまい 歩くまい 佳作 お母さん 幼児は右に 手を引いて 佳作 お待ちなさい! 古河電気工業㈱・日光 早乙女 裕寿 8 「あっ 危ない」 気付いた時は迷わず注意 みんなの力でゼロ災害 三井住友金属鉱山伸銅㈱・上尾 末廣 正志 9 安全にこれで終わりの言葉なし! 近道手抜きは危険がいっぱい 三菱マテリアル㈱ 土井 厚志 10 危険に対する感受性 高めて務める安全作業 いつも心で危険予知 権田金属工業㈱ 川崎 仁士 11 「なれ」と「うっかり」事故のもと 自分の作業見直して 初心に戻って安全確認 ㈱キッツメタルワークス 伊藤 繁 12 見えぬ危険 探す目を持つ 気配りと たゆまぬ努力が 身を守る ㈱藤井製作所 飯田 結花 13 ちょとまて 出したその手に危険がせまる 安全確認忘れずに NGKメテックス㈱ 高橋 利光 14 「危ないぞ!」 注意するのも思いやり。 「安全標語」が決定いたしました 令和2年度 安全標語にご応募いただきましてありがとうございました。

医療安全推進週間のポスター

安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア

安全運転 歩行者向け 内閣総理大臣賞 さあ青だ いやもう一度 右左 佳作 危い 危い 子供忘れた立話 佳作 あわてるな 車のきれめは きっとくる 佳作 青がでた 車が止まった さあ渡ろう 佳作 いそぐ時、 まわり道でも 歩道橋 佳作 車から あなたが見えない ときもある 佳作 子供から 目と手を放すな 路上では 佳作 事故ゼロへ! 安全標語(安全スローガン)とは 安全標語とは、工場や建築・建設業、危険物を取り扱う作業現場での「安全」についての意識を高める標語です。 安全は KY(空気が読めない)よりも KYK(危険予知活動)• 公募などを行っている場合もあります。 ヒント3:スポーツの用語をいれてみる• 自己判断せずに、早めに病院に行くことが大切です。

3
このサイトのキーワードとともに活用すると標語の幅が広がります。

交通安全年間スローガン 1966(昭和41)年使用以来の全入賞作品

安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア 安全 標語 ユーモア

妻や子供の、お父さんに無事に帰ってきてほしいという家族の気持ちが如実に表れた見事な作品です。 車が来ても 来なくても 佳作 いま一度 青でもたしかめ 渡るくせ 佳作 わが家から 事故で泣く人 出しません 佳作 お茶の間の 会話が育てる 交通安全 佳作 育てよう 安全意識を 茶の間から こども部門 内閣総理大臣賞 とび出しは ぼくも車も どっきんこ 佳作 やってます いつも自然に 右左 佳作 交さ点 おしゃべりやめて 右左 佳作 おにごっこ おにも止まる 赤信号 佳作 そこのかど つぎのかどにも またくるま 佳作 安全と わかっていても たしかめて 佳作 気をつけよう すぐにとび出す わるいくせ 佳作 悪ふざけ めいわくいっぱい 事故いっぱい 佳作 交通ルール きちんとまもれば いい気分 佳作 とび出すな 注意する子に けがはない 佳作 けがのもと 飛ばす自てんしゃ ふざけっこ 運転者向け 内閣総理大臣賞 運転は 気くばり目くばり 思いやり 佳作 しめていますか シートベルト ゆるんでいませんか 安全意識 佳作 一呼吸 置きます 待ちます 譲ります 佳作 マナー良し 車間距離良し 速度よし 佳作 運転は あなたの顔です 心です 佳作 ついそこと 言わずにつけよう ヘルメット 佳作 あせるまい 急いで事故より マイペース 佳作 忘れない ルールとベルトと ヘルメット 佳作 ちょっとした あなたの気くばり 防ぐ事故 佳作 広げよう 心のゆとりで 安全運転 佳作 やさしさも 一緒に乗せます 安全運転 歩行者向け 内閣総理大臣賞 危険です その信号の 変わりばな 佳作 ちょっと待て 青信号でも ひと呼吸 佳作 語り合う 車社会を わが家から 佳作 止まる見る 待つ安全を わが子にも 佳作 かばう手に 愛が伝わる せまい道 佳作 しかるより 教える一言 良い手本 佳作 仲よしも 自転車乗るのは 一人ずつ 佳作 安全は 心で注意 目で確認 佳作 待ってから たしかめてから 渡るくせ 佳作 まず確認 心で一度 目で一度 佳作 叱って下さい うちの子も 片手ハンドル 二人乗り こども部門 内閣総理大臣賞 自転車も のれば車の なかまいり 佳作 ひとりでも よい子は守る 交通ルール 佳作 みてますか おうだんほどうで 右左 佳作 大きい手 小さい手 しっかりあげよう わたるとき 佳作 とびだしは 一番いけない 事故のもと 佳作 赤い顔 事故をおこして 青い顔! (1)拗音は2文字で1音 「ゃ」「ゅ」「ょ」などの小さい仮名文字(捨て仮名)を伴う拗音(「きゃ」「きゅ」「きょ」など)は2文字で1音になります。 今回は朝礼で使われることも多い安全標語についてご紹介します。

18
危険物安全週間:毎年6月の第2週(日曜日から土曜日までの1週間)(参考:) 危険物安全推進標語募集期間:毎年12月上旬(参考:) 歴代・危険物安全週間推進標語: 毎年のポスターモデルに合った標語になるようです。