中川 重政。 なかがわ

織田信長家臣団まとめ。組織図・変遷・各方面軍団の顔ぶれなど。

重政 中川 重政 中川 重政 中川

妻:不詳• 佐和山城:丹羽長秀• しかし、元亀3年(1572)8 月、領地の隣接していた柴田勝家と刃傷沙汰を起こし、改易されたという。

8
この時、剃髪して土玄と号している。

母衣衆

重政 中川 重政 中川 重政 中川

もちろん方面軍編成の目的は天下統一に向けた各方面の制圧です。

19
七尾に新しく築城し居城とした。

中川光重

重政 中川 重政 中川 重政 中川

宗半の父中川重政は織田刑部少輔の子で、はじめ織田駿河守を号し、のち中川次郎左衛門の養子となって中川八郎右衛門を名乗ったとしている。 慶長5年(1600)、上杉攻めに参加、東軍に加わる。 通称は八郎右衛門尉、織田駿河守。

12
信長の小姓。

苗字の由来 中川氏 中野氏 原田氏 ~家系図作成からご先祖探しの専門サイト

重政 中川 重政 中川 重政 中川

それらの一部は、平成2年刊の『砺波市史資料編 1』に取り上げられているが、系図などについては触れられていない。 近江支配体制の確立(1570-72年) 近江支配体制とは、信長の同盟者であった北近江・が裏切ったことを機に、 元亀元年(1570年)から2~3年間、信長が近江国の要所に有力家臣を配置した支配体制を指します。 信忠が本能寺の変で生き残っていたなら、おそらく天下人になっていた? その目的は甲斐のの押さえが任務だったといいます。

18
筒井順慶と大和衆• ちなみに信長の父である時代の四家老といえば、筆頭家老に林秀貞、2番家老に、3・4番手にそれぞれ青山・内藤勝介ですが、桶狭間合戦の頃には、林だけが信長に仕えていたとみられています。

信長の家臣達

重政 中川 重政 中川 重政 中川

信盛には配下に三河・尾張・近江・大和・河内・和泉・紀伊の7ヶ国もの与力がつけられ、織田家臣団でも最大規模のものだったというので、信長の並々ならぬ本気度が伺えますね。 天正3年(1575)9月、越前一向一揆平定後、佐々成政・不破光治とともに越前二郡(今立・南条)を与えられる。

8
毛利新助 【もうり しんすけ】 -毛利良勝【もうり よしかつ】?~1582。

中川重政とは

重政 中川 重政 中川 重政 中川

また、『加賀藩史稿中川光重(清六)列伝』(以降『光重列伝』とい う)では、中川氏は斯波尾張守高経の裔であるとしている。 生 誕 『中川家系図』によると、中川宗半(光重)は、桶狭間の戦いの二年後、永禄5年(1562)に織田信長麾下の中川重政の二男として生誕した。

19
その後は秀吉に組し、賤ヶ岳の戦い後、越前敦賀郡に転封。