俺 ガイル ss ヤンデレ。 旧 SSナビ(移転しました) : 俺の彼女とクラスメイトが修羅場すぎる。【俺ガイル】

【俺ガイルSS】雪ノ下「比企谷君の首を絞めたい」【ヤンデレ】

Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル

ん?あれ折本さんじゃないですか?」ユビサシ 八幡 「あ?」クルッ 「あっこっちに気付いた」 折本 「みたいだね」 トコトコ いろは 「こんにちは!折本さんと. 」 雪乃「腹が立つ?貴方がそんな事言える身分かしら?貴方は黙ってお金を使って生きていればいいのよ?」 八幡「なぁ雪乃、お前って俺のことが嫌いなのか?」 雪乃「別にそんなこと言ってないじゃない。 八幡(深夜アニメっつーのはどうして深夜にやるのかなぁ……おかげで毎日寝不足だわ……。 比企谷に次の本借りる約束してるから」 「ああそういう事。

興味はあるのに。

【俺ガイルSS】雪ノ下「比企谷君の首を絞めたい」【ヤンデレ】

Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル

俺ガイル関連記事• 「この後、どうする?何かするか?」 まだ寝る時間にはかなり早い。 」 雪ノ下が浴槽に入ってきた。 そうだね。

13
09 ID:YXfHui9i0 八幡「んー……。 なんかごめん」 八幡 「まぁ噂が一人歩きして現実とかけ離れることは良くある。

【俺ガイル・ヒッキーSS】雪ノ下陽乃「へぇ..比企谷君って年上が好みなんだ…」 八幡「そ、そんなこと無いです!」

Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル

こういう服着て迫ればコロッといきそうじゃん?」 折本 「でもそんなの着て行って引かれたらやだし。 93 ID:YXfHui9i0 八幡「……?」 雪乃「ひ、比企谷くん……?」 八幡(どういうことだ……一体……俺は昨日、ただ女性の好みを……なぜそれが告白に………………あ めぐり「……?どうしたの?八幡」 結衣「名前呼び!?」 八幡「いいですか、先輩……」 32:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

13
<せんぱぁ~い!開けてくださ~い! 八幡 「」 折本 「」 八幡 「折本、小町の部屋に隠れてろ」ボソッ 折本 「え?でも小町ちゃんの部屋知らないんだけど」ボソボソ 八幡 「二階だ。 ただいま」 結衣「おかえりヒッキー」 八幡「陽乃さんは?」 雪乃「…. 今から本屋にいく所だよ」 折本 「なら丁度いいね。

『俺ガイル』川崎沙希がヒロインのおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル

まぁ俺も今日は無理そうだな ポチポチ 雪乃 「あらこの状況で携帯をさわる余裕があるなんてね?自分の立場が分かってないのかしら?」ニコッ 八幡 「しゅ、しゅみません」ビクッ 結衣 「ねぇ?姫菜はなんであんなメール送ってきたの?」ニコニコ いろは 「それ私も気になります」ニコニコ 八幡 あー早く終わってくんねえかな 姫菜 「あーあれはね. そっか。

3
. 90 朝だからあんまり頭が回ら無いかもしれないけどやっていきます 一応あらすじ ある日、急にめぐり先輩に放課後デートに誘われた八幡 なんとめぐり先輩は自分と八幡は付き合っていると言い出す 放課後、なんとめぐり先輩の家に行くことになってしまった しぶしぶ八幡は中に入り、めぐり先輩部屋で待っていると なぜか急にめぐり先輩が抱きついてきた 八幡の理性がもたない、この状況を何とか打破しなければいけない そして今から八幡の逆転劇が始まる!? あらすじ書いたら変になった…. はぁ?今からは無理だ。

やはり俺の周りにはヤンデレしかいない

Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル

「なぜ私に確認するのかしら。 ここにきてやけに具体的に答えるね」 八幡「そうですね。

まさかあなた……」 八幡「やべっ……」 雪乃「あなたの首についてる不自然な虫刺されの後と歯型のついた耳はどうしたのかと聞こうと思っていたけれど。 もっとやりなさい。

【俺ガイルSS】雪ノ下「比企谷君の首を絞めたい」【ヤンデレ】

Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル

付き合ってんなら別かもしれんが」 折本 「ま、まぁそうだけどさ。

17
八幡(俺はあの日、あれ以外の選択肢を選ぶことはできなかった 放課後。

【俺ガイルSS】雪ノ下「比企谷君の首を絞めたい」【ヤンデレ】

Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル

」 携帯に表示される新着メール23件。 このマンションは5億円したけれど一括で購入したから。 やはり俺の幼馴染と後輩がいる日常は退屈しない あーしさんといろはが幼なじみだったらという原作再構成もののSSです。

女生徒三人を侍らせる男!とか」 八幡 「いやなってないでしょ」 折本 「なってたらまじウケるんだけど」プフッ 八幡 「いやウケないから。 理性が持たない めぐり「八幡ー!」クンカクンカ ついに匂いをがぎはじめました もうやだこの人… めぐり先輩ってこんな人だったっけ? 八幡「ちょっとマジで待ってください…」 めぐり「え?何で?」クンカクンカ 八幡「ほんとにやめてくださいよ…」 めぐり「な ん で ?」 …そのうち八幡は考えるのをやめた って違う。

いろは「これで先輩はわたしの物ですね」【俺ガイルss/アニメss】

Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル Ss 俺 ヤンデレ ガイル

これからも増やしていくつもりだから。 すまんな、考え事してた」 結衣「あまり一人で考え込まないでね?」 八幡「ああ…ありがとう」 ??「あんなに気安く私の八幡に抱きつくなんて…. そうだね。 強気なのに打たれ弱くてすぐ泣いちゃうあーしさんは本当にかわいいと思います。

つーか買って面白くなかったら勿体ないんじゃなかったのかよ」 折本 「そうだったけどさ。 それに借りた方が楽だし」 八幡 「ま、まぁそれもそうだな」 折本 「そういえば一色ちゃんはいつから比企谷の事が好きになったん?あんなに積極的にアプローチされるなんて何がきっかけだったの?」 八幡 「いつからかは俺には分からん。