東芝 ホクト 電子。 株式会社北斗電子

会社沿革|東芝ホクト電子株式会社

電子 東芝 ホクト 電子 東芝 ホクト 電子 東芝 ホクト

(平成16年):航空機用ブラウン管事業開始。 深谷事務所 - 幡羅町1-9-2 東芝深谷事業所内• 調査は2020年3月に続いて2度目で、欧米での感染拡大を受けた市場の混乱、在宅勤務の拡大などによる業務の変化などの影響が表れた。 製品 [ ]• お客さまのご要求を尊重し、満足し安心して使用していただける製品・サービスを提供する。

3
みらかホールディングス傘下の富士レビオは2020年6月5日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗原検査キット「エスプラインSARS-CoV-2」の新たな生産拠点として、北海道旭川市に旭川工場(仮称)を新設すると発表した。

東芝ホクト電子

電子 東芝 ホクト 電子 東芝 ホクト 電子 東芝 ホクト

東芝グループは、当初は東芝ホクト電子 旭川工場の建屋を含めた生産体制を提供するとともに、医療関連部品の製造実績を生かして安定的な生産を支える。 ・フレキシブルプリント配線板 カーナビゲーション、ノートPC、携帯電話など最新のデジタル機器に対応した製品を開発し、様々な仕様(片面・両面・導体露出・多層)に対応します。 一方、イルミネーションの季節には、省エネ性と高輝度を併せ持つLEDが風景を彩るのももはや当たり前。

7
およそ130の河川が流れる風光明媚なこの環境に東芝ホクト電子が誕生したのは、1950年のこと。 (平成21年):医療用チップ製造開始。

社長挨拶|東芝ホクト電子株式会社

電子 東芝 ホクト 電子 東芝 ホクト 電子 東芝 ホクト

航空機用ディスプレイ管は製造を深谷にあるテー・デー・ピー株式会社という東芝関連会社に製造を委託しており、高性能・高耐久性を要求される航空機のコックピット内計器の重要な表示装置に組み込まれております。 沿革 [ ] の最中に空襲の危険性が高いのを計画した東京芝浦電気(現在の)が、に適地を打診したことがきっかけである。 旭川といえば背景に大雪山系の連峰を構える、北海道の代表的都市としてよく知られている。

7
サーマルプリントヘッド事業開始。 ・当社の強み 東芝ホクト電子は北海道旭川市に拠点を置く電子部品製造会社です 東芝との研究開発ネットワークのもとで創業以来70年以上培ってきた技術力は業界内でもトップクラスであり、2003年にはタイ現地法人を展開するなどグローバル展開も行っています。

会社概要|東芝ホクト電子株式会社

電子 東芝 ホクト 電子 東芝 ホクト 電子 東芝 ホクト

(昭和61年):カラーテレビ管用電子銃製造開始。

10
従業員の一人ひとりが人格・個性を尊重でき闊達でやりがいのある職場を実現する。

Toshiba Clip

電子 東芝 ホクト 電子 東芝 ホクト 電子 東芝 ホクト

サーマルプリントヘッドは、記録幅はA0サイズの長尺まで、また解像度は1200dpiの超高解像度品までの幅広いラインナップを準備し様々な用途にご使用頂いております。 当社は、1993年にホクト電子工業株式会社から現在の社名に変更し、ミッションを「東芝の電子部品事業の一端を担う会社」と明確にいたしました。 株主に対しては、適正な利益をあげそれを還元することの重要性を認識し活動する。

12
14 ・ HSBシリーズ マイコンボード: の販売を開始 、 の情報を公開致しました。 3 ・ HSBシリーズ マイコンボード: 、 の情報を公開致しました。

東芝ホクト電子

電子 東芝 ホクト 電子 東芝 ホクト 電子 東芝 ホクト

[画像のクリックで拡大表示] 富士レビオは、新型コロナウイルス抗原検査キットとして「エスプライン SARSCoV-2」の製造販売承認を2020年5月13日に取得しており、臨床現場で使用されている。 (平成19年):社標を東芝ロゴに変更。

8
また、2009年には従業員の安全と健康を経営の最重要課題に掲げ労働安全衛生マネジメントシステムに関する国際規格であるOHSAS18001を取得 し従業員一人ひとりが安全に、心身ともに充実して働ける職場づくりに取り組んでいるほか個人情報の保護や社会貢献にも力を注いでおります。

社長挨拶|東芝ホクト電子株式会社

電子 東芝 ホクト 電子 東芝 ホクト 電子 東芝 ホクト

当社の製品を紹介しますと、サーマルプリントヘッド、フレキシブルプリント配線板、電子レンジ用マグネトロン、航空機用ディスプレイ管およびDNAチップです。 ( 02年):フレキシブルプリント配線板事業開始。 TEL:075-631-6230. 本社・旭川工場 - 南5条通23丁目1975• 8 ・ HSBシリーズ マイコンボード: 、 の販売を開始致しました。

3
工業用マグネトロン• 透明フィルムLEDでは、柔らかいプラスチックフィルムに接続する必要があるため、接続品質を保つ製造プロセスの開発には苦労しました。 (平成27年):工業用マグネトロン事業開始。