しょう どく 大使。 トヨタ品質はこんなところにも! 足踏み式消毒スタンドの「しょうどく大使」が発売

トヨタ品質はこんなところにも! 足踏み式消毒スタンドの「しょうどく大使」が発売

どく 大使 しょう どく 大使 しょう どく 大使 しょう

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染が拡大する中、トヨタは製造現場のモノづくりの力やTPS(トヨタ生産方式)を活かし、マスクやフェイスシールドの生産、飛沫循環抑制車両の開発、医療用防護ガウンの生産性向上支援等を行ってきた。 その後、この足踏み式消毒スタンドを通して、社会に貢献したいとの想いから、医療用防護ガウンプロジェクトにも携わるTPSのプロが加わり、市販化の検討を開始し、試作品を医療機関に持ち込み、専門家の意見を基にベースとなるモデルを決定。 その後、医療用防護ガウンプロジェクトにも携わるTPSのプロが加わり、市販化の検討を開始。

6
愛知県の医療機関や一部車両販売店をはじめ、大型商業施設や地方自治体などで実際にお使い頂き、実用性や衛生面、重さが気になるなどのお客様の様々な声をいただきました。 これらの取り組みは、「『誰ひとり取り残さない』という姿勢で国際社会が目指しているSDGs、持続的な開発目標に本気で取り組む」との社長の豊田の宣言通り、世界中の人たちが幸せになるモノやサービスを提供すること、すなわち「幸せを量産する」取り組み *2の一つです。

トヨタ、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」発売 工場の部材用いて安価実現(日刊自動車新聞)

どく 大使 しょう どく 大使 しょう どく 大使 しょう

今回販売する足踏み式消毒スタンドは、コロナ禍で生産ラインの稼働停止を余儀なくされたトヨタの各工場のメンバーが、4月上旬から自発的に製作を開始し、活動を広げてきたものだ。 効率よくキレイに塗るための治具も工場で製作したとのこと。 こうした器具は設置されている建物に入るすべての人が利用するものなので、それぞれの身長に合わせた使いやすい高さというものがある。

20
トヨタでは、パーツの取り外し・洗浄、車いすでの使用を可能にし、初号機の約6kgから約3. なお、これらはトヨタのものづくりにて掲げられている「ムリ、ムダ、ムラを防ぐ」という考え方に沿ったものだという。

トヨタが足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の販売を開始! モノづくりの力で社会貢献する活動の一環|Motor

どく 大使 しょう どく 大使 しょう どく 大使 しょう

これらの取り組みは、「『誰ひとり取り残さない』という姿勢で国際社会が目指しているSDGs、持続的な開発目標に本気で取り組む」との社長の豊田の宣言通り、世界中の人たちが幸せになるモノやサービスを提供すること、すなわち「幸せを量産する」取り組み*2の一つです。 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、トヨタは「もっといいクルマづくり」を支える製造現場のモノづくりの力やTPS(トヨタ生産方式)を活かし、マスクやフェイスシールドの生産、飛沫循環抑制車両の開発、医療用防護ガウンの生産性向上支援等を行ってまいりました。

14
しょうどく大使は、幅が330ミリ、奥行きが430ミリ、高さが1169ミリとなっている。

トヨタが足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の販売を開始! モノづくりの力で社会貢献する活動の一環|Motor

どく 大使 しょう どく 大使 しょう どく 大使 しょう

12月1日より、国内のトヨタ車両販売店、トヨタレンタリース店を通じて販売を開始する。 2kg。

3
パーツの取り外し・洗浄、車いすでの使用を可能にし、初号機の約6kgから約3. 市販モデルは、誰にでも使いやすく、良いものを購入しやすく提供することに拘り、良品廉価な製品となった。

トヨタ品質はこんなところにも! 足踏み式消毒スタンドの「しょうどく大使」が発売

どく 大使 しょう どく 大使 しょう どく 大使 しょう

塗装も工場内で行なう。

15
愛知県の医療機関や一部車両販売店をはじめ、大型商業施設や地方自治体などで実際にお使い頂き、実用性や衛生面、重さが気になるなどのお客様の様々な声をいただきました。 その後、医療用防護ガウンプロジェクトにも携わるTPSのプロが加わり、市販化の検討を開始。

トヨタ、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の販売を開始

どく 大使 しょう どく 大使 しょう どく 大使 しょう

。 以降、愛知県の医療機関や一部車両販売店をはじめ、大型商業施設や地方自治体などで実際に使ってもらい実用性や衛生面、重さが気になるといった現場のさまざまな声を収集。 この足踏み式消毒スタンドは、コロナ禍で生産ラインの稼働停止を余儀なくされたトヨタの各工場のメンバーが「自分たちには何ができるのか」、「仲間から感染者を出さない」との想いから4月上旬より自発的に製作を開始。

1
高さは約1.2メートルあり、消毒液のボトルを置く台の位置を調節できるほか、部品を外して洗うことも可能だ。 今後もトヨタは世の中に広く「安心・安全」を届けるため、良品廉価なモノづくりで社会に貢献していく。

トヨタが足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の販売を開始! モノづくりの力で社会貢献する活動の一環|Motor

どく 大使 しょう どく 大使 しょう どく 大使 しょう

アルミニウム製パイプを使った簡易で丈夫な構造。 また、手を無理に伸ばすことなく身体の近くで使用できるよう安定感を確保できる範囲で奥行きを詰めているというので、自然な姿勢で使うことができるという。 トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。

4
トヨタでは、パーツの取り外し・洗浄、車いすでの使用を可能にし、初号機の約6kgから約3. カラーは5色展示されていたが、当面はシルバーとブラックのみが発売される。 価格(税別)は8000円。

トヨタが足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の販売を開始! モノづくりの力で社会貢献する活動の一環|Motor

どく 大使 しょう どく 大使 しょう どく 大使 しょう

「しょうどく大使」の製品化までには約30バージョンもの試作機を製作! トヨタは「もっといいクルマづくり」を支える製造現場のモノづくりの力やTPS(トヨタ生産方式)を活かし、新型コロナウイルスの感染が拡大する中でマスクやフェイスシールドの生産、飛沫循環抑制車両の開発、医療用防護ガウンの生産性向上支援などを行なっている。

4
そこで、パーツについてはトヨタの工場で使用している部品保管ラックの支柱を利用するなどしてコストを圧縮。 これまでクルマづくりで培ってきたモノづくりの技術・ノウハウを活かし、約30バージョンの試作機を製作するなど、市販化に向け徹底して改善を重ねてきた。

トヨタ、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の販売を開始

どく 大使 しょう どく 大使 しょう どく 大使 しょう

トヨタ自動車の発売する足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」がトヨタ自動車 高岡工場で公開された。 現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。

足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」《写真提供 トヨタ自動車》 トヨタ自動車は、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」を上郷部品センターにて月2000〜2500個レベルで生産を開始し、12月1日より国内のトヨタ車両販売店・トヨタレンタリース店を通じて販売する。 医療現場などに持ち込んで改善を繰り返すなど使い勝手にもこだわった。