鶏口 牛 後 現代 語 訳。 鶏鳴狗盗 現代語訳・書き下し文

鶏口牛後の現代語訳を探しています。<漢文>奏人恐喝諸侯求割地。……既定重役帰...

訳 現代 鶏口 後 牛 語 訳 現代 鶏口 後 牛 語 訳 現代 鶏口 後 牛 語

況衆人乎。 その策にかかり、斉と魏は趙を攻撃した。 封於薛。

ライオンの尻尾になるより犬の頭となるほうがよい• 行過洛陽。 燕資之、以至趙。

鶏口牛後:意味・原文・書き下し文・注釈

訳 現代 鶏口 後 牛 語 訳 現代 鶏口 後 牛 語 訳 現代 鶏口 後 牛 語

越王句践(こうせん)、余兵(よへい)を以て会稽山(くわいけいざん)に棲(す)み、臣(しん)と為(な)り妻は妾(せふ)と為らんと請ふ。

15
粛侯にこう説いた、 「諸侯の兵力を合わせれば、それは秦の兵力の十倍に値します。

鶏口となるも牛後となるなかれ

訳 現代 鶏口 後 牛 語 訳 現代 鶏口 後 牛 語 訳 現代 鶏口 後 牛 語

秦 (しん)に対して、縦 (たて)(=従)に六国 (りっこく)が同盟して対抗する政策を合縦 (がっしょう)(=合従)といい、秦と和を結ぶやり方を、横 (よこ)(=衡)に連盟するという意味で連横 (れんこう)(=連衡)といった。

8
」 かくして、南北六国の同盟が成立した。

鶏口(けいこう)となるとも牛後(ぎゅうご)となるなかれ

訳 現代 鶏口 後 牛 語 訳 現代 鶏口 後 牛 語 訳 現代 鶏口 後 牛 語

口語訳 秦は諸侯を脅して土地を割譲させようとした。

4
まず蘇秦の説いた「合従」について見てみよう。 大企業に入社したが、ロクな仕事を与えてもらえない。

四字熟語「鶏口牛後(けいこうぎゅうご)」の意味と使い方:例文付き

訳 現代 鶏口 後 牛 語 訳 現代 鶏口 後 牛 語 訳 現代 鶏口 後 牛 語

秦王があとで後悔して自分を追うことを恐れた。 呉は越を攻撃した。 大きな樹木の陰にいれば、雨や日差しを避けることができて安全だということから、頼りにするなら大きな力をもつものを選ぶべきだということを意味します。

14
・ (漢文記事一覧) [ 現代語訳・書き下し文1 ] [ 語句・句法 ] ・ 地を割く … 領土を分割する ・ 游説す … 意見や政策を説いて歩く ・ 乃ち … そこで ・ 従親す … 南北に同盟する [ 原文 ] 秦人恐喝諸侯、求割地。

十八史略 「臥薪嘗胆」 現代語訳

訳 現代 鶏口 後 牛 語 訳 現代 鶏口 後 牛 語 訳 現代 鶏口 後 牛 語

蘇秦(そしん)は、通俗的な表現を用いて、諸侯に説明して言ったことは、 「いっそ鶏のくちばしになることはあっても、牛の尻になるな。 乃 チ往 キテ説 二 キ燕 ノ文侯 一 ニ、 与 と レ 趙従親 セシメントス。 洛陽の人といふもの有り。

3
説粛侯曰、「諸侯之卒、十倍於秦。 昆弟妻嫂、側目不敢視、俯伏侍取食。

鶏口(けいこう)となるとも牛後(ぎゅうご)となるなかれ

訳 現代 鶏口 後 牛 語 訳 現代 鶏口 後 牛 語 訳 現代 鶏口 後 牛 語

(蘇秦は)秦の恵王のもとに行き自説を説いたが、採用されなかった。

」の部分は、[ 現代語訳・書き下し文 ]の後に掲載しています。