愛媛 県 地震。 愛媛県の地震活動の特徴

【愛媛県】3分でわかる過去の大地震「芸予地震・昭和南海地震・安政南海地震」

県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛

1946年 南海地震 地震の概要 1946年12月21日午前4時19分、南海トラフの紀伊半島沖から四国沖までを震源域とするマグニチュード8. 発生時刻 2021年2月23日 16時08分頃 震源地 伊予灘 最大震度 震度3 地震の規模 マグニチュード 4. このため、 ボランティアとして判定活動に協力していただける民間の建築士等の方々を、「愛媛県地震被災建築物応急危険度判定士」として県が認定し、登録証の交付を受けた判定士により判定活動を行うこととしています。 (PDF 3. 一回り小さな地震においても、1984年の地震(マグニチュード7. また、県内に被害を及ぼす可能性のある海溝型地震には、やがあります。

17
(4)地震火災の想定• (PDF 23MB)• 松野町• 0)が発生。

【愛媛県】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は? │ 防災の種

県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛

場所:愛媛県生涯学習センター大研修室• 土砂災害への備え 土砂災害は前触れなく発生します。 (4)従来の揺れの強さ、建物被害、人的被害中心の被害想定から、輸送機能やライフライン機能の支障、医療機能支障や応急仮設住宅等の生活機能障害等を含め、広範囲な検討を行った。 各地震活動について、これまでに公表された評価結果をとりまとめたものです。

(必要に応じて内部調査も実施) 判定結果 判定結果は、建築物の見やすい場所に表示し、居住者はもとより、付近の通行人などに対してもその建築物の危険性について情報提供します。 第7編 ライフライン施設及びライフライン機能支障の想定• 1)で延岡・土佐清水で28cm、室戸岬で20cmの津波が観測されています。

2021年2月23日16時8分頃、愛媛県などで最大震度3を観測する地震がありました

県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛

広島安芸区• 地方自治体等• 伊予市• 仁淀川町 熊本県• 判定士側で用意するもの コンベックス、バインダー W造用判定調査票 RC用判定調査票 S造用判定調査票 調査作業 判定活動 登録証を携帯し、判定士であることを表示した腕章・ヘルメットを着用した判定士が2人一組で現地調査を行ないます。 愛媛県での助成は以下のようなものです。 1707年10月28日 (宝永4) (宝永地震) 8.6 死者12人、負傷者24人。

13
また、松山平野でも震度6弱の地域が分布しています。 1905年の 芸予地震(マグニチュード7. 伊方町 震度2 愛媛県• pdf 建物倒壊、地震火災被害 直下型の地震は比較的浅いところで発生するため、マグニチュードは小さめでも大きな揺れになり、建物倒壊などの危険も大きくなります。

愛媛県で起きた強い地震一覧(震度5以上)

県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛

また、判定結果は、建築物の見やすい場所に表示し、居住者はもとより、付近の通行人などに対してもその建築物の危険性について情報提供することとしています。 〇今回の想定は、現時点の科学的知見に基づく想定であり、決してこれ以上の規模の地震や津波が発生しないわけではないことを忘れず、「正しく恐れる」ことが重要です。 廿日市市• そこで、建築に関する専門知識を有する者が震災直後の応急対策の一環として判定を実施することが必要となりますが、主体となるべき市町には、建築職員が少なく、または不在であること、大規模災害の場合は確認を要する建築物の数が膨大であること、被災地域が広域であること等の問題から、市町行政職員のみでは対応が困難な場合があります。

強震動評価 ある特定の震源断層に着目して、そこで地震が発生した場合に周辺の地域がどの程度の強い揺れに見舞われるかを示した地図です (震源断層を特定した地震動予測地図)。 イ 数式の前提となる条件等については、収集可能な精度の高いデータを採用。

【愛媛県】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は? │ 防災の種

県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛

愛媛県に被害を及ぼす地震は、主に瀬戸内海の西部や豊後水道のやや深い場所で発生する地震と、南海トラフ沿いで発生する地震と、陸域の浅い場所で発生する地震です。 掲載した活断層: 中央構造線断層帯,長尾断層帯,上法軍寺断層,上浦-西月ノ宮断層,綱附森断層• 津波はものすごい量の海水が壁のようになり、桁違いの圧力であらゆるものを一気に飲み込んで、まきこまれたガレキと一緒になってすべてを押し流します。

11
臼杵市 宮崎県• また四国には「中央構造線断層帯」と呼ばれる国内最大級の活断層もあります。

愛媛県庁/地震被災建築物応急危険度判定について

県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛

表紙・目次• 愛媛県とその周辺の主な被害地震 (図をクリックすると拡大表示) 歴史の資料によると、愛媛県の松山沖周辺では、以下のように「芸予地震」と呼ばれるやや深い地震が約50年に1回程度の頻度で繰り返し発生しています。

20
7mの高さになるとされています。 地震調査委員会では、津波予測の手順を標準化し、「波源断層を特性化した津波の予測手法(津波レシピ)」を公表しています。

愛媛県の地震活動の特徴

県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛

家屋の被害状況を説明にあたって、「潰」「倒潰」は「倒壊」に、「全潰」「全壊」は「全壊」と表記した。 愛媛県の地震についてお話しします。 更新日:2016年7月19日 愛媛県地震被害想定調査結果(第一次報告)について 〇今回公表する被害想定は、国の南海トラフ巨大地震による被害想定結果を踏まえ、県が阪神淡路大震災を受けて平成13年度に実施した地震被害想定調査を見直したもので、本県に大きな影響を及ぼす「南海トラフ巨大地震」「芸予地震」「中央構造線断層帯の地震」ついて、最新の知見やデータをもとに、震度分布、液状化危険度、土砂災害危険度、津波高・津波浸水等を推計したものです。

20
〇一連の被害想定結果を踏まえて、県と市町で構成する、広域防災や減災対策を検討する協議会を設置し、県と市町が「チーム愛媛」としてより緊密な連携体制を構築し、南海トラフ巨大地震への備えを強化してまいります。 pdf 液状化 大きな揺れにより地盤が液状化を起こすと、水道管やガス管などの地中のパイプが破損する被害が発生します。

愛媛県庁/地震被災建築物応急危険度判定について

県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛

愛媛県の主要な活断層には、奈良県から和歌山県、淡路島を経て、徳島県から愛媛県まで四国北部をほぼ東西に横断し、伊予灘に達しているがあります。

3
また、県は、万一の際には判定を実施する市町を支援する体制をとることとしています。