デキサート 注射 液。 デキサート注射液1.65mgの効果・用法・副作用

デキサート注射液1.65mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

注射 液 デキサート 注射 液 デキサート 注射 液 デキサート

ギラン・バレー症候群• 3mg、1日1~2回• 腱鞘炎(非感染性のものに限る) [腱鞘内]• 非感染性滑液包炎• 炎症や アレルギー、過剰な 免疫力をおさえる働きのほか様々な働きがあります。 65mg。 肺線維症• また、治療開始に先立ち、患者又はその家族に有効性及び危険性を十分説明し、同意を得てから投与する。

進行性壊疽性鼻炎• 4.腎不全の患者[症状が増悪する恐れがある]。

デキサート注射液3.3mg 1mL

注射 液 デキサート 注射 液 デキサート 注射 液 デキサート

表省略 添加物 リン酸水素ナトリウム水和物 性状• Senear-Usher症候群• 中毒疹• 〕 ・精神病の患者〔中枢神経系に影響し、精神病が増悪するおそれがあります。

3).精神神経系:(頻度不明)多幸症、不眠、頭痛、眩暈。

デキサート注射液1.65mgの効果・用法・副作用

注射 液 デキサート 注射 液 デキサート 注射 液 デキサート

血液疾患 血液疾患• (重要な基本的注意) 1.本剤の投与により、誘発感染症、続発性副腎皮質機能不全、消化性潰瘍、糖尿病、精神障害等の重篤な副作用が現れることがあるので、本剤の投与にあたっては、次の注意が必要である。 2).点滴静脈内注射:デキサメタゾンとして1回1. 動揺関節の関節腔内 動揺関節の関節腔内[関節症状が増悪するおそれがある。

12
4.結核性疾患の患者[免疫抑制作用により、結核性疾患が増悪する恐れがある]。 静脈内注射、点滴静脈内注射:デキサメタゾンとして、1日3. ・バルビツール酸誘導体 フェノバルビタール),フェニトイン,リファンピシン: 本剤の作用が減弱することが報告されている。

デキサート注射液1.65mg

注射 液 デキサート 注射 液 デキサート 注射 液 デキサート

6).アレルギー性疾患:気管支喘息(但し、筋肉内注射以外の投与法では不適当な場合に限る)、*喘息性気管支炎(小児喘息性気管支炎を含む)、*薬剤アレルギー・*薬剤中毒、その他の*化学物質アレルギー・*化学物質中毒(薬疹、中毒疹を含む)、*血清病。 手術後の腹膜癒着の防止• ウイルス性結膜疾患• 特に低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児には注意する。

8).眼:(頻度不明)中心性漿液性網脈絡膜症等による網膜障害、眼球突出。 19).鼻腔内注入、副鼻腔内注入:デキサメタゾンとして1回0. 白血病(急性白血病、慢性骨髄性白血病の急性転化、慢性リンパ性白血病)(皮膚白血病を含む) [静脈内、点滴静脈内、* *筋肉内]• 観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

デキサート注射液6.6mgの添付文書

注射 液 デキサート 注射 液 デキサート 注射 液 デキサート

血栓症• 5mL 多発性骨髄腫に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法における用法・用量は下表の通りである。

連用後、投与を急に中止すると、ときに発熱、頭痛、食欲不振、脱力感、筋肉痛、関節痛、ショック等の離脱症状があらわれることがあるので、投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行うこと。

デキサート注射液1.65mg

注射 液 デキサート 注射 液 デキサート 注射 液 デキサート

皮膚科疾患• 2).投与中は副作用の出現に対し、常に十分な配慮と観察を行い、また、患者をストレスから避けるようにし、事故、手術等の場合には増量するなど適切な処置を行う。

12
1mg、原則として投与間隔を2週間以上とする• また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 消化性潰瘍の患者 消化性潰瘍の患者[粘膜防御能の低下等により、消化性潰瘍が増悪するおそれがある。