むかし の どうぐ。 洗濯(せんたく)をする道具|さがみはらし

人がはこぶ|むかしの道具と人々のくらし|亀山こども歴史館

の どうぐ むかし の どうぐ むかし の どうぐ むかし

むかしのものが、いまでもあることが、びっくりしました。 ぼくは、このはかりでやってみたいなとおもいました。

16
懐炉(カイロ) 使用年代 江戸~昭和初期 (70年ぐらい前まで) 使い方 木炭の粉に桐などの灰を混ぜて火をつけると、じわじわと長く燃えます。

昔の生活道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし の どうぐ むかし

今の鉄びんは、やかんというんだなとおもいました。 あかりをともすどうぐいちらん• 洗う強さや時間はダイヤルを回して決めました。 「粒々辛苦 りゅうりゅうしんく 」と言って、一粒一粒を苦労して育てたのですから、一粒たりとも無駄にはできません。

今は? 電気コタツ 湯たんぽ(ユタンポ) 使用年代 室町~昭和中期 (50年ぐらい前まで) 使い方 夜寝る時に布団の中で足を温める道具。 懐炉(かいろ) 行火を更に小型化したものが携帯用の暖房器具である懐炉です。

昔の生活道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし の どうぐ むかし

わたし もちなどをおいて焼く。

7
雨が降った時もカッパ代わりに使ったそうです。

お米を作る道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし の どうぐ むかし

おひつ 昔はすい飯器がないので釜でたいていました。 「丁寧」と「能率」という矛盾する二つの要求を満たすために、さまざまな工夫がこらされてきました。 皮でできていました。

5
いまのがなんねんまえにもつくられているなんてびっくりしました。

昔の道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし の どうぐ むかし

くぼ んだ部分に炭火を入れてあたためて使い ました。 これを温石( おんじゃく)といいます。 プッシュ回線と呼ばれています。

めがね 今もめがねです。 今は? トラック、田植え機など らちうち鍬(ラチウチグワ) 使用年代 明治末期~昭和中期 (約120~50年前まで) 使い方 苗を植えて少したつと、雑草が生えてくるので、この鍬で草取りをしました。

お米を作る道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし の どうぐ むかし

その後、足踏脱穀機、動力脱穀機へと発達します。 今なら習字に使う筆おきと同じです 昔と今にていました。 すごいと思いました。

金沢市内の古川農機具工業が開発したもので、牛や馬に引かせて、田んぼの土を細かく砕いて、田植えの準備をしました。

「昔の道具」博物館

の どうぐ むかし の どうぐ むかし の どうぐ むかし

あぶみ 馬につける馬具。 50年ほど前まで 手回しせんたくき 中に衣類とせんざい、お湯を入れてハンドル を回し、中をかき回してよごれを落としまし た。

17
巻物 いろいろな文字がかいてありました。

「昔の道具」博物館

の どうぐ むかし の どうぐ むかし の どうぐ むかし

回りは、ベタベタしています。 豆炭行火(マメタンアンカ) 使用年代 昭和 (50年ぐらい前まで) 使い方 湯たんぽと同じ役割で、豆炭を中に入れると、一晩中温まる事ができます。 さっぱん 今は、印刷機です。

2
生活に使われる道具は、地域や文化、個人などによって、その形や使い方などがどのように変化してきたかによって、地域の人々の生活がどのように変化してきたか考えることができます。 千歯扱きは元禄年間に発明された画期的な農具です。

「昔の道具」博物館

の どうぐ むかし の どうぐ むかし の どうぐ むかし

もっとも大事 (だいじ)な柱 (はしら)である「だいこく柱 (ばしら)」、とてもはばの広 (ひろ)いかもいである「ちょうもん(ちょうもの)」など、大 (おお)きな材木 (ざいもく)を使 (つか)うこともとくちょうの一つでした。

今のはかりはこんな物じゃないのでびっくりしました。 30年ほど前まで. 鉄びん 鉄びんは、やかんです。