富山 地方 鉄道 車両。 富山地方鉄道射水線

富山地方鉄道の乗車&撮影

車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道

早月駅 - 電鉄魚津駅間が開業。

15
区間: - 間、接続点 - 間(富山都心線を除く全線)• (昭和34年)• (2016年6月28日) 2016年6月記 立山線16010形3両の電鉄富山行き車内。 昼行便と夜行便が設定されている。

レトロ電車 公式ウェブサイト ― クラシカルとモダンな空間を愉しむ、富山市内の新しい路面観光列車。車両デザインはあの水戸岡鋭治氏!

車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道

4kmであった。

新設の環状線での運行にも対応しているが、定期運用はなく、イベント時や、(セントラム)が重要検査で入庫中の場合や事故等で修理の時だけ運用される。

富山地方鉄道現役車両

車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道

(2015年5月17日 電鉄富山) 2015年5月記 本線14760形の宇奈月温泉行きワンマン列車。

3
前述の神岡営業所からは高山方面への路線バスが接続する。 電化区間:全線(1500V)• [ご予約]• 1歳以上6歳未満の「幼児」については小学生以上の同伴者1名に対して幼児2名まで無料であり、3人目以降や、同伴無しで乗車する場合は小人料金が適用される。

富山地方鉄道富山軌道線

車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道

1967年の架線電圧昇圧によりこれらの老朽車は一掃されたものの、代替車両は最後の近距離用旧型国電形式である72系でした。

1 ( 本館、、 本店)・・(富山店)・・・本店・・・日枝神社 - (西町交) 注 0. 2020年10月12日時点のよりアーカイブ。

富山地方鉄道 2階建車両で行く小旅行(ツアー)(2020年11月22日~)

車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道

後方の駅名は若栗駅という。 モハ8060形(元富山県営鉄道デニハ4形) 1927年(昭和2年)、日立製作所製。 1923年、後に5大電力会社として数えられることとなる日本電力が、建設資材運搬用鉄道の建設に着手。

19
75kW=100PS 110kW=14 7PS 120kW=160PS 130kW=174PS その次が形式番号で、次が連番となるが同一形式が9両以上になると合わなくなり、14760系の14770~や10030系の10040~など、モハ14771が増備された時、モハ14771が存在していた為モハ14 791に改番になった。 。

富山地方鉄道射水線

車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道

1997年ごろまで東部・黒部両自動車営業所が三菱車、西部自動車営業所が日野車、八尾自動車営業所が日産ディーゼル車に統一されていたが、中古車の導入や勤務ローテーションの変更などにより崩れている。 ICカード導入 [ ] 市内線内では従来、「トラムカード」(販売額2000円で2300円分利用できるカードと販売額1900円で2200円分利用できるカードがあった)を発売していたが、市内のバス路線や2006年(平成18年)に開業した軌道線富山ライトレール線とは互換性がなかった。 電鉄桜井駅 - 黒部駅間が廃止。

1
(2015年5月17日 電鉄富山) 2015年5月記 本線14760形の電鉄富山行き特急「うなづき」。

ダブルデッカーエキスプレス 公式ウェブサイト ― 雄大な富山の大自然を観光列車で楽しみませんか?四季折々の姿を見せる雄大な立山連峰のパノラマビューを是非ご堪能ください。

車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道

富山大学前停留場からの延伸 [ ] は2012年(平成24年)1月26日、現在終点となっている大学前(現在の富山大学前)停留場から同大工学部前までの延伸を富山地鉄や富山市、県に要望することを決めた。 (大正11年)12月26日 - 射水電気軌道に対し軌道特許状下付(婦負郡東呉羽村間-同郡新湊町間)。 中教院前停留場:山室線• - 堀切駅 - 生地口駅 - 旧・立山鉄道 [ ] 1931年(昭和6年)11月6日、新宮川駅 - 上市駅間廃止、1932年(昭和7年)12月20日全線廃止• 黒部川が流れる黒部峡谷では、大正時代より電源開発が始まりました。

10
デハ1 - 3・5(4は欠番) - 1923年日本車輌製の木製ボギー電車(両運)。 この2両を接合して富岩線用半鋼製ボギー車へ改造する工事が日本鉄道自動車で行われセミボ30形となり、1944年の合併で富山地方鉄道モハ30形モハ30へ改称、その後電装解除・制御車化されクハ150形クハ151となった。

富山地方鉄道現役車両

車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道 車両 富山 地方 鉄道

6編成を導入しており、うち1編成は「ドラえもん」原作者の藤子・F・不二雄が高岡市出身であることにちなみ、ラッピング車両「ドラえもんトラム」として運転されています。

6
(昭和8年)4月20日 富山駅 - 稲荷町駅 ( - 堀川新駅〈現在の南富山駅〉)間をに譲渡。